覚醒

“恋”とは呼べぬ奴への想い
“興味”と呼べれば事足りる

視線の先に奴を探し出し
奴の視線を掻い潜り
が追えば奴が気が付き
奴が追わば妾は駆け去る

巡り廻るはアリスと兎の
の有名なる御伽噺如き
終幕なるは誰の目醒めぞ?

“恋”とは呼ばぬ奴への想い
“興味”と呼んで誤魔化そう

”等に価値等は無く
“重み”こそが其の総て
“愛”と“恋”違い何ぞ?
総て含め“恋愛”と成す

巡り廻るはアリスと兎の
彼の有名なる御伽噺如き
終幕なるは妾の目醒めぞ

巡り廻る妾と奴の追復曲
奴の知らぬ間妾は気付く
奴を仕留める其の手法

さぁ奴を狩りにゆこうぞ
妾だけの快楽の其の為に