夜闇舞

魔の國に佇む我等が主の城
紅き月の夜に乙女おう
今宵舞蹈会 享楽の仮面
恐懼れずに躍り狂おう

導こう乙女を我等が主の元
装飾等纏わず鞣し肌つで
哀憐舞蹈会 寵愛の孤城で
可憐さ儚さき聖少女舞う

乙女と主の舞 光と闇の舞
螺旋る世界で円舞し続ける
求愛舞蹈会 恋詠の旋律が
暗黒快楽城に響き魔を

交鎖終幕宵 
又躰着飾り帰還の身仕度を
終焉舞蹈会 切愛の鼓動に
永遠の恍惚が深く刻まれる


魔の國に佇む極彩舞夜の城
夜色暗闇帷彩色施して
色彩舞蹈会 幻想の音色は
汚穢知らぬ清浄少女詠唱