恋愛遊戯

愛と云う鎖が
私を縛めて
貴方の元へと
連れ戻してしまうの

二度と逢わないと誓った
戒めの
貴方破いて
私は籠の鳥の儘

気の在るふり
意地悪な人
やり直す気なんて
無いくせに

貴方誰にだって
愛嬌振り撒いて
何時でも最後には
嗤って終焉

微笑み掛ける
其れすらも
私堕とす遊戯
気紛れの成れの果て

何時かなんて夢見るの
もうとっくに
止めてしまった
筈なのに……

抱き締める腕
咲き誇る笑顔
甘い蜜の声
其の全てに揺れ動く心

遊戯に勝つ迄
止めない貴方
遊戯に負けたら
終われなくなる私

果てなき追復曲
巡りる世界の中で
きっと永遠に
なるのでしょう

貴方が最期に
逝き着く場所は何処?
止まない願い
其処に私は居るかしら

『終われない』
『終わりたくない』
麻痺した感覚
だ続く円舞曲

気紛れな遊戯
貴方続けるなら
貴方堕とす遊戯
始めませう

貴方の罪過
貴方が贖う
永遠遊戯
遊びませう

贖罪から逃げられない
貴方は獲物
玩具を逃がさない
私は狩人

さぁおいで
鋭く紅い爪を以て
白く輝く牙を以て
私の元へ──

鋭く切り裂く銀の短剣
鈍く光る黒き
私貴方を
仕留めてあげる

貴方がくれた永遠
今度は私が
貴方に捧げる
拒む事は赦さない

果てなき追復曲
巡りる世界の中で
永遠の鬼ごっこ
遊びませう