舞鳥

見上げた先に君の舞姿
足止める程に魅入られし
無為に伸ばし手に得られるもの無き

舞い上がる空に君の黒影
腕を振るいの風に乗って
手に届かぬのならば美しくあれと

今は何処にも君の翼無し
立ち竦む足は錆び付いたブリキ
美無き此の世に何が残された?

朽ち轢かれし君の亡きの死屍
詰まる咽元にぶはが声?
を失い無音に掻き消え

輝き残せし君の眠りの眼
閉ざすは罪と美のに反す
永劫と成す為僕の眸捧げよう


見エヌナラ
輝キニスラ意味ハ無ク
忘レヌノナラバ
此ノママニ
息絶エマセウカ?
君ノ美ガ為